ORDERMADE エンゲージリング(婚約指輪) 静岡県 K 様

ダイアモンドとマット仕上げのエンゲージリングです。

今回ご紹介するのは、プシュケーオリジナルデザインの《Giorni Luce(ジョルニ・ルーチェ)》をベースにした、

オーダーメイドのエンゲージリングです。

ダイアモンドとマット仕上げのエンゲージリングです。

センターのダイアモンドは、ミルグレインでお留めしました。

今回のデザイン、実はミルグレインの石座表面部分と指輪の内側部分以外、

すべてマット仕上げとなっています。

ダイアモンドとマット仕上げのエンゲージリングです。

ですので、指輪のアーム部分の彫刻が、よりアンティーク感のある雰囲気に仕上がっています。

ダイアモンドとマット仕上げのエンゲージリングです。

指輪の内側部分には、お二人の記念日を刻印いたしました。

数字の配列がデザイン的で、とても素敵です。

※写真は全て刻印する前のものです

ダイアモンドとマット仕上げのエンゲージリングです。

サイズもピッタリですね☆

そして現在、こちらのエンゲージリングと重ねづけできる、マリッジリングも制作中です。



この度は、ご依頼いただきまして誠にありがとうございます。

ダイアモンドとマット仕上げのエンゲージリングです。

ENGAGEMENT RING
エンゲージリング(婚約指輪)

静岡県 K 様

K18YG イエローゴールド
Diamond ダイアモンド


 

psyuxe Original Marriage Ring 《Point du jour(ポワン・ドゥ・ジュール)》

psyuxe Original Marriage Ring 《Point du jour(ポワン・ドゥ・ジュール)》

「ポワン・ドゥ・ジュール」とは、フランス語で「夜明け」という意味。

ホワイトゴールドを「夜」、イエローゴールドを「昼」のイメージで、

これからずっと、お二人で重ねていく日々を、「リング」という「かたち」で表現しました。

指輪の真ん中、ちょうど「夜」と「昼」の境目には、

お二人の旅立ちの「朝」をイメージして、

ちいさなダイアモンドをひとつ、留めてあります。

ひとそれぞれ個人差はあるかと思いますが、ご結婚されるとき、少なからずの「決意」をされるかと思います。

一粒のダイヤモンドを見るたびに、そのときの気持ちをほんのすこしでも思い出していただけたら・・・

という思いを込めた作品です。


 

psyuxe Original Marriage Ring 《Progress(プログレス)》

プシュケーオリジナルマリッジリング《Progress(プログレス)》

マリッジリングは、購入した時の状態が一番美しく、月日が経つごとに傷が増え、美しさが損なわれていく・・・

そう思われている方が、実は多いのではないでしょうか。

私たちはむしろ、傷が増え、角が丸くなり、落ち着いた貴金属の表面に、暖かさや安らぎを感じます。

こちらのマリッジリングは《progress(プログレス)》と名付けました。

プログレスとは、「前進する」、「進化する」という意味です。

手作業でひとつひとつ削り出したリング表面が、月日を重ねることにより、

身につけた人それぞれの輝きを刻み続けていき、

ひとりひとり異なった表情を作り出していきます。

毎日の生活に溶け込み、身に着けるほど愛着の持てるジュエリーとなれたら、とても嬉しいです。